インタビュー|医療法人 柴田歯科医院|北九州市の歯医者・歯科

MENU
ご予約・お問い合わせ Tel.093-511-2073

〒802-0007
福岡県北九州市小倉北区船場町3-5-301
ファッションビル船場3F

インタビュー
  • HOME
  • インタビュー

痛くなってからだと、治療の選択肢が減るってご存じでしょうか

虫歯や歯周病などお口の病気は、痛みが出る頃には既に進行していることがよくあります。そうすると、治療方法の選択肢も限られてしまいます。早期発見に努め、すみやかに治療を始めることが大切です。何も症状がなくても、少し気になるだけのことでも、定期的にお会いしてお口を見せていただければと思います。

患者さまに寄り添い、長くお付き合いできる関係を

私が診療する際に胸に刻んでいるのは、患者さまの訴えを伺い、総合的な治療を行うことです。歯科医療の見地から全身の健康にも貢献したいとも思っています。患者さまに寄り添った治療を提供することで、長いお付き合いにしていくことが目標です。

私だけが分かっているのではなく患者さまと認識を共有するように

検査や診察の結果を患者さまにご説明する時は、1本の歯だけでなく周りの歯や歯茎の状態などお口全体を見ていただき、一緒に確認を進めます。お口の中を撮影できるカメラや歯型をスキャンして画面に映せる機械などを使い、視覚に訴える工夫もしています。

雰囲気はもちろん、設備面でも親しみやすさを意識しました

患者さまがくつろいだ笑顔で過ごし、お帰りになる姿を思い浮かべて、内容は明るいベージュを基調としました。診療室は一人ずつ扉を開けて入る、半個室です。密閉される圧迫感を覚えにくい一方で、ほかの方に治療中の様子を見られる心配はありません。動き回るスタッフとぶつかることもなく、通路も移動しやすいと思います。

力を入れて学んだことは、コミュニケーションの取り方です

私は歯科医師を志した時から、ホームドクターとして幅広く診療することを想定していました。何かの分野に特化するとか研究の道に進むとかは考えませんでした。そのため、患者さまとの関わり方、話し方を学んで、実際の診療に活かすことにしたのです。歯科医師ですから、もちろん一般的な歯科診療全般の技術を身につけ、新しい技術を取り入れることは怠りません。皆さまの身近な相談相手になれたらと思います。

今後もぶれることなく、「町の歯医者さん」を一筋に

歯科医療の技術は進化し、新しい方法も登場しますので、ホームドクターとして皆さまを診療するにはそれらを学び続ける必要があります。皆さまに寄り添いお口の健康をサポートするため、これからも歯科医療全般を学び、提供してまいります。